【スマホでんとく】Skypeに対応しました

スマホ用IP電話アプリ/サービス料金シミュレーター「スマホでんとく」が、Skypeに対応しました。

また、シミュレーション結果表示にも変更を加えました。今までは、IP電話アプリやプレフィックス方式電話サービス、それにLINE電話も、同じ1つの表にしていましたが、これを種類ごとに表を分けるようにしました。種類が違えばサービス内容はもちろん、別途必要になる料金にも違いがあるため、単純比較はできないと考えたためです。

Skype対応後

今回のバージョンからは、シミュレーションを行うと、結果が「050番号付与のIP電話アプリ」「LINE電話・Skype」「プレフィックス方式の電話サービス」の3つの表に分かれて表示されます。

LINE電話・Skypeはプランが複数あるため、それらはすべて表示するのではなく、月額プランについては利用可能な最も安いプランのみ表示するようにしました(従量プランは常に表示)。

またSkypeは、050番号がもらえるオプション「Skype番号」にも対応させました。シミュレーション結果の表の上にあるラジオボタンで、そのオプションを使う・使わないを切り替えることができます。

ぜひご利用ください。

【スマホでんとく】料金表示を税別に変更しました

スマホIP電話料金シミュレーター「スマホでんとく」の料金表示を、税込から税別に変更しました。

ただ、一部のIP電話アプリ/サービスについては、公式サイトの方がまだ消費税率5%の税込表示のまま更新されていないものがあり、それらはとりあえず「公式サイトの料金表示から消費税分5%を引いた金額」をベースとして計算し、表示するようにしてあります。

公式サイトの方が更新されたら、スマホでんとくも追従する予定です。