【PaintStrap】Bootstrap 3.2.0に対応、他数点の更新を行いました

PaintStrapをアップデートしました。前回のアップデートは3月だったので、4ヶ月ぶりです。

最新のTwitter Bootstrapに対応したほか、いくつか細かい機能追加や修正もあります。

1. 最新のTwitter Bootstrap 3.2.0に対応しました。

PaintStrapで生成されるテーマがBootstrap 3.2.0ベースになりました。

Bootstrap 3.2.0では、YouTubeビデオを埋め込むためのResponsive embedsや、「.visible-xs-block」のような新しいレスポンシブクラスの追加などが行われたようですね。

2. Galleryのページから、「このテーマで使われているカラースキームを使って新規テーマを作成する」ことができるようにしました。

使いたいテーマをGalleryで探しているときに、「このテーマ悪くない! でも一部だけ変えたい」と思った場合に、1クリックでスムーズに新規テーマの作成に移ることができるようにしました。

更新点の説明

これまでは、それを行おうと思ったら、そのテーマで使われているカラースキームIDをクリップボードにコピーしておいて、PaintStrapのトップに移動して、カラースキームIDの入力ボックスにペースト、という手順を踏まなければなりませんでした。

今後は、カラースキームIDの部分をクリックするだけでOKです。クリックすれば、PaintStrapのトップに移動しつつ、なおかつカラースキームIDが入力ボックスに入った状態になりますので、すぐにカラー設定にとりかかることができます。

3. kulerのカラースキームを指定するときに、パーマリンクでの指定ができなくなっていた不具合を修正しました。

4. kulerの個別ページへのリンクが切れていたのを修正しました。

kuler側の仕様変更によりパーマリンクURLの形式が変わっていたので、その対応です。

5. サイトデザインを少し変更しました。

パーマリンクURLの説明部分を更新したり、背景画像をつけてみたりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です